コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴山鳳来 しばやま ほうらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴山鳳来 しばやま-ほうらい

1692-1771 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平氏につかえる家に生まれる。50歳で職を辞し,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,太宰春台(だざい-しゅんだい)らとまじわる。56歳のとき豊後(ぶんご)(大分県)岡藩にまねかれ,世子(せいし)や藩の子弟の教育にあたった。明和8年9月29日死去。80歳。本姓は木戸。名は博我。字(あざな)は子文。別号に遺叟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴山鳳来の関連キーワード柴山予章室何遠儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android