コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴山鳳来 しばやま ほうらい

1件 の用語解説(柴山鳳来の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴山鳳来 しばやま-ほうらい

1692-1771 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平氏につかえる家に生まれる。50歳で職を辞し,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,太宰春台(だざい-しゅんだい)らとまじわる。56歳のとき豊後(ぶんご)(大分県)岡藩にまねかれ,世子(せいし)や藩の子弟の教育にあたった。明和8年9月29日死去。80歳。本姓は木戸。名は博我。字(あざな)は子文。別号に遺叟。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴山鳳来の関連キーワードクラッセ青海島鯨墓当道座お蔭参り山岡浚明狗張子王夫之岡白駒加藤枝直勢語臆断

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone