青海島鯨墓(読み)おおみじまくじらばか

国指定史跡ガイドの解説


山口県長門市通(かよい)にある墓碑。1692年(元禄5)に建立された鯨の胎児の墓で、かつて捕鯨基地として栄えた青海島の通(かよい)港に近い、向岸寺5世讃誉(さんよ)上人隠居所だった清月庵観音堂にある。は花崗岩製で高さ約2.4m、幅0.46m。墓の背後空き地には1692年(元禄5)から明治時代初めまでに捕獲された胎児約70体が埋葬されている。鯨の胎児の墓は全国的にも珍しく、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。近くには鯨位牌などがある向岸寺、くじら資料館、捕鯨の網頭の家である早川家住宅(重要文化財)がある。JR山陰本線ほか長門市駅からサンデン交通バス「通漁協前」下車、徒歩約3分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android