コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田忠次郎 しばた ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田忠次郎 しばた-ちゅうじろう

?-1909 明治時代の貿易商。
明治29年アメリカで映写機を購入,技師ダニエル=クロースをともなって帰国し,わが国に活動写真を輸入。翌年,東京神田の錦輝館で昼夜2回の興行をうち盛況を呈した。活動写真を秋田柳吉にゆずったあと,ふたたびアメリカにわたり,明治42年9月27日シカゴで死去三河(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田忠次郎の関連キーワード明治時代貿易商

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android