柿内三郎(読み)かきうち さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿内三郎 かきうち-さぶろう

1882-1967 明治-昭和時代の生化学者。
明治15年8月14日生まれ。大正7年母校東京帝大の教授となり,医化学(生化学)講座を担当。「Journal of Biochemistry」を私費で刊行し,日本生化学会の創設につくす。生体構成物質の物理化学的研究などで知られる。昭和42年12月24日死去。85歳。東京出身。著作に「生化学提要」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android