コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿岡林宗 かきおか りんそう

1件 の用語解説(柿岡林宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿岡林宗 かきおか-りんそう

1743-1815 江戸時代中期-後期の儒者。
寛保(かんぽう)3年4月5日生まれ。生地の出羽(でわ)秋田に家塾成章館をおこし,折衷学をおしえる。また武芸にもすぐれ,心陰柳生流の奥義をきわめ「柳生流演義纂註」をあらわした。文化12年3月18日死去。73歳。名は時行,時縝。字(あざな)は士元。著作はほかに「論語合読」「中庸合読」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柿岡林宗の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone