コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿沢勇記 かきざわ ゆうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿沢勇記 かきざわ-ゆうき

1834-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩校日新館にはいり,山本覚馬とともに蘭学をまなぶ。のち江戸で洋学をおさめる。藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任に際し,公用吏となる。慶応4年大鳥圭介の指揮する幕府伝習隊参謀となり,4月27日今市の戦いで戦死。35歳。名は重任

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柿沢勇記の関連キーワード天保

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android