コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿衣/柿麻 カキソ

デジタル大辞泉の解説

かき‐そ【柿衣/柿麻】

柿の渋で染めた、赤茶色の衣服。江戸時代、酒屋の奉公人の仕着せに用いられた。かき。
で染めた布の色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきごろも【柿衣】

かきの衣ころも」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柿衣/柿麻の言及

【鈴懸】より

…江戸後期に行智の著した,修験道入門書ともいうべき《木葉衣(このはごろも)》に,鈴(篠)懸の語義は,山岳修行で篠(ささ)が掛かる意だとある。天台系の本山派は卵色の麻,真言系の当山派は赤色の柿衣,羽黒派は獅子模様を描いた摺衣を使用する。【鈴木 正崇】。…

※「柿衣/柿麻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柿衣/柿麻の関連キーワード江戸時代奉公人仕着せ柿の衣

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android