コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃内曾次郎 とちない そうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栃内曾次郎 とちない-そうじろう

1866-1932 明治-大正時代の軍人。
慶応2年6月8日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士栃内理平の次男。札幌農学校(現北大)予科から海軍兵学校にはいる。明治24年海軍大学校卒業。イギリス大使館付武官,海軍省軍務局長,海軍次官をつとめ,大正9年海軍大将,連合艦隊司令長官となる。貴族院議員。昭和7年7月12日死去。67歳。

栃内曾次郎 とちうち-そうじろう

とちない-そうじろう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栃内曾次郎

没年:昭和7.7.12(1932)
生年:慶応2.6.8(1866.7.19)
明治大正期の海軍軍人。盛岡藩(岩手県)藩士栃内理平の次男。札幌農学校予科を経て海軍兵学校へ入学という異色のルートをたどり,明治21(1888)年海軍少尉に任官。24年海軍大学校を卒業し,38年大使館付武官としてイギリスへ派遣されたのを契機にエリートコースへ進み,帰国後,海軍省軍務局長,練習艦隊司令官,第3戦隊司令官などの要職を歴任した。第1次大戦では艦政本部長,海軍次官として戦局を有利に導き,大正9(1920)年大将へ昇進,翌年連合艦隊司令長官となった。昭和7(1932)年貴族院議員に勅選。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

栃内曾次郎の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone