コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃内曾次郎 とちない そうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栃内曾次郎 とちない-そうじろう

1866-1932 明治-大正時代の軍人。
慶応2年6月8日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士栃内理平の次男。札幌農学校(現北大)予科から海軍兵学校にはいる。明治24年海軍大学校卒業。イギリス大使館付武官,海軍省軍務局長,海軍次官をつとめ,大正9年海軍大将,連合艦隊司令長官となる。貴族院議員。昭和7年7月12日死去。67歳。

栃内曾次郎 とちうち-そうじろう

とちない-そうじろう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栃内曾次郎

没年:昭和7.7.12(1932)
生年:慶応2.6.8(1866.7.19)
明治大正期の海軍軍人。盛岡藩(岩手県)藩士栃内理平の次男。札幌農学校予科を経て海軍兵学校へ入学という異色のルートをたどり,明治21(1888)年海軍少尉に任官。24年海軍大学校を卒業し,38年大使館付武官としてイギリスへ派遣されたのを契機にエリートコースへ進み,帰国後,海軍省軍務局長,練習艦隊司令官,第3戦隊司令官などの要職を歴任した。第1次大戦では艦政本部長,海軍次官として戦局を有利に導き,大正9(1920)年大将へ昇進,翌年連合艦隊司令長官となった。昭和7(1932)年貴族院議員に勅選。

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

栃内曾次郎の関連キーワード栃内吉彦大正時代没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android