栄枯(読み)えいこ

精選版 日本国語大辞典「栄枯」の解説

えい‐こ【栄枯】

〘名〙
① (━する) 草木の生い茂ったり、れたりすること。
※文華秀麗集(818)下・神泉苑九日落葉篇〈巨勢識人〉「四時寒暑来且行、一歳枯春与秋」
※新撰朗詠(12C前)上「栄枯は大底園露に任せたれば、早晩は由来(もとより)野煙に属す〈具平親王〉」 〔顔延之‐秋胡行〕
② 栄えることと、衰えること。栄枯盛衰
※凌雲集(814)伏枕吟〈桑原宮作〉「栄枯但理矣、倚伏同期」
※米沢本沙石集(1283)四「栄枯(ヱイコ)事過ぬれば皆夢の如、憂喜心に忘て空門を学ぶ可き也」 〔曹植‐贈丁翼

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「栄枯」の解説

えい‐こ【栄枯】

草木の茂ることと枯れること。
栄えることと衰えること。盛衰。「栄枯常なし」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「栄枯」の解説

【栄枯】えいこ

栄落。盛衰。・曹植〔丁翼に贈る〕詩 積善には餘慶り 榮枯は立(たちどころ)に須(ま)つべし

字通「栄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android