コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栓抜き センヌキ

4件 の用語解説(栓抜きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぬき【栓抜き】

瓶の王冠やコルク栓などを抜き取る道具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんぬき【栓抜き】

瓶の栓を抜くための器具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

せんぬき【栓抜き】

瓶の王冠をはずすのに用いる道具。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栓抜き
せんぬき

瓶の栓を抜く道具。王冠を外すものと、コルク栓を抜くものがある。王冠あけは輸入品も含めて材質やデザインがいろいろあるが、いずれも原理はてこを応用したもので、栓抜き部分の形状はほとんど変わらない。コルク栓抜きには、もっとも一般的な螺旋(らせん)状になった針金をコルクにねじ込んで抜くT字型、スクリューをねじ込んで取っ手の端についているつめを瓶の口に固定して抜くてこ式、スクリューとストッパーを利用するダブルアクション式などのほか、スクリューをねじ込んでから両側についているレバーで引き上げるレバー式、コルクに針を刺し、ポンプで送られた空気の圧力によって持ち上げる空気注入式などがあり、単純なT字型以外は輸入品が多い。力をかけずに比較的失敗もせず抜けるのはダブルアクション式だが、てこ式は引き抜くタイミングさえ心得れば使いやすく、ホテルやレストランなどでも使用されている。なおT字型を使うときのこつは、スクリューを真ん中から垂直にねじ込み、ゆっくりと回して、コルクが緩んだら一気に引き抜くことである。[正木英子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栓抜きの関連キーワード釘抜き口抜きコークスクリューコルク抜き抜き取る・抜取る抜糸山を抜く抜取り抜穂螺子抜き

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栓抜きの関連情報