コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗生純夫 くりう すみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗生純夫 くりう-すみお

1904-1961 大正-昭和時代の俳人。
明治37年4月20日生まれ。臼田亜浪(うすだ-あろう)に師事する。実作者の立場から小林一茶を研究,大正15年「一茶新考」をあらわす。昭和21年郷里の長野県須坂町で「科野(しなの)」を創刊した。昭和36年1月17日死去。56歳。本名は神林新治。句集に「山帰来」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗生純夫の関連キーワード青木 敏彦昭和時代俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android