コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗生純夫 くりう すみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗生純夫 くりう-すみお

1904-1961 大正-昭和時代の俳人。
明治37年4月20日生まれ。臼田亜浪(うすだ-あろう)に師事する。実作者の立場から小林一茶を研究,大正15年「一茶新考」をあらわす。昭和21年郷里の長野県須坂町で「科野(しなの)」を創刊した。昭和36年1月17日死去。56歳。本名は神林新治。句集に「山帰来」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗生純夫の関連キーワード青木 敏彦昭和時代俳人

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android