コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗田樗堂 くりた ちょどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗田樗堂 くりた-ちょどう

1749-1814 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延2年生まれ。伊予(いよ)松山の酒造家。町方大年寄をつとめる。加藤暁台(きょうたい)にまなび,小林一茶(いっさ),井上士朗らと交遊。寛政7年一茶と道後温泉に吟遊した。文化11年8月21日死去。66歳。本姓は後藤。名は政範。別号に蘭芝,二畳庵,息隠。句集に「萍窓(ひょうそう)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗田樗堂の関連キーワード松山藩(伊予国)樗堂俳人