コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗羊羹 クリヨウカン

デジタル大辞泉の解説

くり‐ようかん〔‐ヤウカン〕【×栗羊×羹】

小豆の練り羊羹の中に、蜜煮のを散らして入れたもの。また、裏ごしした栗あんだけで作った羊羹。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くりようかん【栗羊羹】

①栗の甘露煮が入ったあずきの練りようかん
②栗をゆでて裏ごしし、砂糖を加えて火にかけ練って作ったあんに、寒天を加えて固めた菓子。栗の名産地である長野・小布施の名物菓子。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くりようかん【栗羊羹】


➀栗の甘露煮が入ったあずきの練りようかん。
➁栗をゆでて裏ごしし、砂糖を加えて火にかけ練って作ったあんに、寒天を加えて固めた菓子。栗の名産地である長野・小布施の名物菓子。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

栗羊羹の関連キーワード野火の里郷土菓子利平鶴寿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android