コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株仲間解散令 かぶなかまかいさんれい

世界大百科事典内の株仲間解散令の言及

【株仲間】より

…大坂においても,菜種,繰綿などの流通をめぐり,畿内農村と都市問屋が対立し,23年(文政6)には摂津・河内1007ヵ村が訴訟するなど,国訴(こくそ)と呼ばれるほどの広汎な動きをみせた。
[解散と再興]
 1841年(天保12)に幕府は天保改革の一環として,株仲間解散令を発した。江戸菱垣廻船積問屋をはじめとし,すべて問屋,仲間,組合などと唱えることをいっさい禁止したのである。…

【天保改革】より

… 飢饉以来騰貴を続けた物価を引き下げることは改革の重要課題であった。幕府は,物価騰貴の根本原因を当時の商品流通の機構,つまり十組(とくみ)問屋仲間の流通独占にあると考え,41年12月に株仲間解散令を発し,江戸の十組問屋や三都の問屋・株仲間の名称による商取引をいっさい禁止して,一般の商人の自由な取引を許した。商人相互の自由競争によって商品流通量が増加し,物価は下がるであろうとの期待にもとづいたものであるが,実際には従来の流通機構が解体した結果,商品が江戸・大坂に集中せず,意図した効果をあげることができなかった。…

※「株仲間解散令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

株仲間解散令の関連キーワード江戸時代(年表)遠山金四郎天保の改革十組問屋藩専売制遠山景元松前問屋矢部定謙在郷商人明礬会所