株価レーティング(読み)かぶかれーてぃんぐ(英語表記)stock rating

知恵蔵「株価レーティング」の解説

株価レーティング

利益キャッシュフローの成長性、市場動向などを総合的に判断し、その企業の予想株価ベンチマーク(市場を代表する指数平均株価)との相対的なパフォーマンス記号などで表したもの。一部には、いろいろな手法で推計した理論株価との乖離(かいり)を示す例もある。株価レーティングはあくまで6カ月程度の短期間の相対的な株価変動予想であり、債券格付けのように企業の財務内容などを評価するものではない。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「株価レーティング」の解説

株価レーティング

一定期間内の株価の値上がりや値下がりの可能性を予測・評価した情報のこと。株式の分析・評価を行なう専門のアナリストが企業業績やキャッシュフローなどさまざまな情報をもとに分析する。株式投資をする上で重要な判断材料となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android