核抑止理論(読み)かくよくしりろん(英語表記)nuclear deterrent theory

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核抑止理論
かくよくしりろん
nuclear deterrent theory

核兵器の威力で相手を恐れさせ、攻撃してくることができないようにしようとする考え方。初期のアメリカの核戦略のように、圧倒的な核戦力の優位を保つことで相手を威嚇する最大限抑止力論、ソ連の核戦力も強大になって以後の、相手にとって耐えがたい報復攻撃能力をバランスさせようとする相互確証破壊とよばれる相互抑止力論、あるいはフランスの核武装論のように、小規模の核戦力でも大国に大きな被害を与えうると信じ込ませることができれば、それで十分な抑止力となりうるという最小限抑止力論などがある。核兵器の技術的発達は、核抑止理論を絶えず不安定なものとしてきたが、冷戦後もこの理論が核戦略の基本的な思考であることに変わりはない。[服部 学]
『山田浩著『核抑止戦略の歴史と理論』(1979・法律文化社) ▽陸井三郎・服部学編『核で核は防げるか』(1982・三省堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核抑止理論の関連情報