コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸井三郎 くがい さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陸井三郎 くがい-さぶろう

1918-2000 昭和後期-平成時代の国際政治評論家。
大正7年6月28日生まれ。第二次大戦中は太平洋協会,戦後は世界経済研究所につとめ,のちアメリカ研究所を主宰。アメリカの政治・軍事に関する論評で知られ,ベトナム戦争中の昭和42年,国際法廷でアメリカの戦争犯罪について証言した。平成12年1月13日死去。81歳。東京出身。青山学院卒。著作に「ハリウッドマッカーシズム」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陸井三郎の関連キーワードペンタゴン・ペーパーズ暴露事件ベスト・アンド・ブライテストポイント・フォア・プログラムホー・チ・ミン(人名)ケネディ大統領暗殺事件キャンプ・デービッドニクソン・ドクトリンウォーターゲート事件ローゼンバーグ事件マーシャル・プラン太平洋問題調査会フェア・ディール愛は死を越えて汎アメリカ主義連邦危機管理庁ニューディールフーバー委員会ホワイトハウス新太平洋構想通商拡大法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android