陸井三郎(読み)くがい さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陸井三郎 くがい-さぶろう

1918-2000 昭和後期-平成時代の国際政治評論家。
大正7年6月28日生まれ。第二次大戦中は太平洋協会,戦後は世界経済研究所につとめ,のちアメリカ研究所を主宰。アメリカの政治・軍事に関する論評で知られ,ベトナム戦争中の昭和42年,国際法廷でアメリカの戦争犯罪について証言した。平成12年1月13日死去。81歳。東京出身。青山学院卒。著作に「ハリウッドマッカーシズム」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android