コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互確証破壊 そうごかくしょうはかいmutual assured destruction; MAD

3件 の用語解説(相互確証破壊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互確証破壊
そうごかくしょうはかい
mutual assured destruction; MAD

核戦略構想の一種。確証破壊能力を米ソが互いに保有することにより,核戦争を抑止しようとする概念。なお確証破壊戦略構想は,損害限定戦略,すなわち核先制攻撃を受けたとしても,残存する戦略攻撃力,防空・対潜部隊,民間防衛などによりアメリカの人口と工業力に対する損害を局限するという戦略構想と対になって打出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

相互確証破壊

2つの核保有国の双方が、相手方から核先制攻撃を受けても、相手方の人口と経済に耐えがたい損害を確実に与えるだけの核報復能力を温存できる状態。それが恐怖の均衡をもたらし核抑止を安定化させると米ソ(ロ)の冷戦期以来の当局者は説明してきたが、米国ブッシュ政権は、相互確証破壊だけでは核抑止に十分でなく、ミサイル防衛などが必要だと主張する。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうごかくしょう‐はかい〔サウゴカクシヨウハクワイ〕【相互確証破壊】

マッド(MAD)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相互確証破壊の関連情報