桁繰用人(読み)けたくりようにん

精選版 日本国語大辞典 「桁繰用人」の意味・読み・例文・類語

けたくり‐ようにん【桁繰用人】

〘名〙
江戸時代に、小身旗本の家に雇われていて、会計その他の事をつかさどった用人の俗称。けたくり。
徳川幕府で、使番など、毎日江戸城の、中の口部屋で、組中の番割を繰って、割りを定め、おのおのにそのむねを通達することを勤めとしていたもの。けたくり。
青標紙(1840‐41)三(古事類苑・官位六九)「御使番も〈略〉御役当に火口番、御城番、〈略〉定火消附、人数差引などあれども、桁くり用人と云ふものありて、割出して御用を便ずる事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android