桁繰用人(読み)けたくりようにん

精選版 日本国語大辞典「桁繰用人」の解説

けたくり‐ようにん【桁繰用人】

〘名〙
① 江戸時代に、小身の旗本の家に雇われていて、会計やその他の事をつかさどった用人の俗称。けたくり。
徳川幕府で、使番など、毎日江戸城の、中の口部屋で、組中の番割を繰って、割りを定め、おのおのにそのむねを通達することを勤めとしていたもの。けたくり。
青標紙(1840‐41)三(古事類苑・官位六九)「御使番も〈〉御役当に火口番、御城番、〈略〉定火消附、人数差引などあれども、桁くり用人と云ふものありて、割出して御用を便ずる事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android