コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂宗信 かつら むねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂宗信 かつら-むねのぶ

1735-1790 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)20年生まれ。大坂の人。狩野派の月岡雪鼎にまなぶ。花鳥画にすぐれ,「絵本三国志」「狂歌五題集」などの挿絵もえがいた。寛政2年8月27日死去。56歳。初名は常政。字(あざな)は雪典。通称は源吾。号は眉山,通神道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂宗信の関連キーワード武邑松軒桂雪典