桂川てや(読み)かつらがわ てや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川てや かつらがわ-てや

1829-1844 江戸時代後期の大奥女中。
文政12年生まれ。桂川甫賢(ほけん)の娘。生家は代々将軍の侍医をつとめる。天保(てんぽう)11年大奥の中臈(ちゅうろう)花町の部屋子,12年将軍徳川家斉(いえなり)の正室付中臈となる。15年5月10日大奥長局(ながつぼね)から出火,避難の途中に花町をすくうため引き返しともに焼死した。16歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android