桂男(読み)カツラオトコ

  • ×桂男
  • かつらお ‥を
  • かつらおとこ ‥をとこ
  • かつらおとこ〔をとこ〕

デジタル大辞泉の解説

月に住むという伝説上の男。また、月の異称。かつらお。
「―も、同じ心に、あはれとや見奉るらむ」〈狭衣・四〉
美男子。
「―のぬしさんにほれたが縁かェェ」〈人・梅児誉美・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※夫木(1310頃)一三「かつらをの月の船漕ぐあまの海を秋は明石の浦といはなん〈聖信〉」
※俳諧・古今俳諧明題集(1763)夏「桂壮士(カツラヲ)の人にはさまるすずみかな〈さよ〉」
〘名〙
① (「かつら(桂)②」から) 月の世界に住んでいるという伝説上の男。かつらお。かつらおのこ。桂の人。《季・秋》
※狭衣物語(1069‐77頃か)四「かつらおとこも、同じ心に『あはれ』とや見奉るらん」
② 容姿のりっぱな男。美男子。かつらお。かつらおのこ。
※浄瑠璃・出世景清(1685)道行「手にはとられぬかつらおとこの、ああいぶりさは、いつあをのりもかだのりと、身のさがらめをなのりそや」
[補注]①は「酉陽雑俎‐天咫」に、古くからの言い伝えとして、月の中に高さ五〇〇丈の桂があり、その下で仙道を学んだ呉剛という男が、罪をおかした罰としていつも斧をふるってきりつけているが、きるそばからそのきり口がふさがる、とある伝説による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の桂男の言及

【月】より

…〈熟田津(にぎたづ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕(こ)ぎ出でな〉との額田王(ぬかたのおおきみ)の歌は,泊りには船を浅瀬に引きあげ,満潮を待って沖に漕ぎ出した古代の航法を示している。《万葉集》では月を〈月人壮子(つきひとおとこ)〉と呼んでいるが,これは唐の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》に〈月中に桂(かつら)あり……高さ五百丈,下に一人ありて常にこれを斫(き)る〉とある伝説にちなむもので,月を〈桂男(かつらお)〉と呼ぶのも同様である。また中国では月中に月の都,月の宮殿があると信じられていた。…

※「桂男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android