桂男(読み)かつらおとこ

精選版 日本国語大辞典「桂男」の解説

かつら‐おとこ ‥をとこ【桂男】

〘名〙
① (「かつら)②」から) の世界に住んでいるという伝説上の男。かつらお。かつらおのこ。桂の人。《季・秋》
狭衣物語(1069‐77頃か)四「かつらおとこも、同じ心に『あはれ』とや見奉るらん」
容姿のりっぱな男。美男子。かつらお。かつらおのこ。
浄瑠璃出世景清(1685)道行「手にはとられぬかつらおとこの、ああいぶりさは、いつあをのりもかだのりと、身のさがらめをなのりそや」
[補注]①は「酉陽雑俎‐天咫」に、古くからの言い伝えとして、月の中に高さ五〇〇丈の桂があり、その下で仙道を学んだ呉剛という男が、罪をおかしたとしていつもをふるってきりつけているが、きるそばからそのきり口がふさがる、とある伝説による。

かつら‐お ‥を【桂男】

〘名〙
※夫木(1310頃)一三「かつらをの月の船漕ぐあまの海を秋は明石といはなん〈聖信〉」
※俳諧・古今俳諧明題集(1763)夏「桂壮士(カツラヲ)の人にはさまるすずみかな〈さよ〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「桂男」の解説

かつら‐おとこ〔‐をとこ〕【×桂男】

月に住むという伝説上の男。また、月の異称。かつらお。
「―も、同じ心に、あはれとや見奉るらむ」〈狭衣・四〉
美男子。
「―のぬしさんにほれたが縁かェェ」〈人・梅児誉美・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桂男の言及

【月】より

…〈熟田津(にぎたづ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕(こ)ぎ出でな〉との額田王(ぬかたのおおきみ)の歌は,泊りには船を浅瀬に引きあげ,満潮を待って沖に漕ぎ出した古代の航法を示している。《万葉集》では月を〈月人壮子(つきひとおとこ)〉と呼んでいるが,これは唐の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》に〈月中に桂(かつら)あり……高さ五百丈,下に一人ありて常にこれを斫(き)る〉とある伝説にちなむもので,月を〈桂男(かつらお)〉と呼ぶのも同様である。また中国では月中に月の都,月の宮殿があると信じられていた。…

※「桂男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android