コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃東園 もも とうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃東園 もも-とうえん

1687-1761* 江戸時代中期の暦算家。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。江戸浅草の札差,大口屋の次男。家を末弟にゆずり,暦算学を中根元圭(げんけい)にまなぶ。諸芸をこのみ,また困窮者の救済にもあたった。江戸に遊学中の桃白鹿(はくろく)の学才をみて養子としている。宝暦10年12月28日死去。74歳。名は道隆。字(あざな)は仲長。別号に浮葉庵。著作に「三百年暦」「異字同訓」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桃東園の関連キーワード桃裕行

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android