コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根元圭 なかね げんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根元圭 なかね-げんけい

1662-1733 江戸時代前期-中期の暦算家。
寛文2年生まれ。田中由真(よしざね),建部賢弘(たけべ-かたひろ)に師事する。徳川吉宗(よしむね)の命で梅文鼎(ばい-ぶんてい)の「暦算全書」に訓点をつけて西洋暦学を紹介。享保(きょうほう)17年貞享(じょうきょう)暦の正確度を知るため,江戸深川と伊豆(いず)下田で太陽と月の観測をおこなった。享保18年9月2日死去。72歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は璋(あきら)。通称は丈右衛門。白山先生ともよばれた。号は律襲(聚)(りっしゅう)。字(あざな)は元珪ともかく。著作に「皇和通暦」「天文図解発揮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中根元圭

没年:享保18.9.2(1733.10.9)
生年:寛文2(1662)
同時代の江戸幕府天文方をはるかにしのぐ,優れた天文暦学者のひとりで和算の大家。名は璋で丈右衛門と称した。近江国(滋賀県)浅井郡に医者の子として生まれ,のち京都の白山に住んだので白山先生と呼ばれた。京都銀座の役人をしていたころ,天文方猪飼豊次郎が将軍徳川吉宗の質疑に答えられなかったとき,吉宗の学問の顧問建部賢弘に推挙され貞享暦精粗につき吉宗の下問に応答した。また吉宗に対し,当時は優れた西欧の自然科学の学術書でもキリスト教に少しでも触れた個所があると,禁書となって輸入できず,そのため学問の進歩が妨げられることを述べ,禁令をゆるめるよう進言し,それが実現したことは元圭の大きな功績といえよう。清国からかくて輸入された『暦算全書』の翻訳を命ぜられそれを完成し,また吉宗の命で伊豆下田に赴き太陽・月の観測を行い貞享暦の差異を調べた。その著『皇和通暦』は明治以後長暦として長く使われた『三正綜覧』のもとになった。『三正俗解』『授時暦図解発揮』その他著書は多く,数学では建部賢弘の第一の高弟といわれた。

(内田正男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかねげんけい【中根元圭】

1662‐1733(寛文2‐享保18)
江戸中期の学者。名は璋,通称丈右衛門,号は律襲または律聚。字は元圭のほか元珪とも書く。近江国浅井の出身で医者であった。後に京都の白山町に住み,白山先生と呼ばれる。元圭は暦学,算学漢学音律など広く深く研究し,学者として広く知られる。数え24歳で暦の書《新撰古暦便覧》(1685)を刊行している。続いて,《七乗冪演式》(1691),《律原発揮》《異体字弁》(ともに1692),《天文図解発揮》(1693),《筌蹄集》(1695),《授時暦図解発揮》《皇和通暦》(ともに1714)を刊行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかねげんけい【中根元圭】

1662~1733) 江戸中期の学者。近江国の生まれ。名は璋、通称丈右衛門、号は白山など。元圭は字あざな。暦学・算学・漢学などに通じ、徳川吉宗の命により伊豆下田で地球から太陽・月までの距離を測定。「暦算全書」などの翻訳もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中根元圭の言及

【音階】より

…また江戸時代以後の代表的ジャンルである三味線音楽や箏曲,尺八楽,琵琶楽などでは,音階理論に関係の深い理論用語はもっているが,近代西洋理論の音階に相当する理論的概念はほとんど見あたらない。17世紀末(元禄時代)の和算家である中根元圭のように,雅楽の音階と俗楽(当時の三味線や箏の音楽)の音階との関係を真剣に考えた理論的研究もあったが,日本の音楽の全般的視野に立って,その基本音階を考えたのは,明治中期の上原六四郎《俗楽旋律考》が最初である。そののち多くの研究家が音階を論じ,新しい体系化を試みたが,結局伝統的な雅楽の音階論を出発点とするという点において,大部分のものは共通している。…

【音律】より

…表3はハ調長音階について,ピタゴラス音律,純正律,中全音律,12平均律のちがいをセント値によって示したものである。 12平均律の理論はすでに16世紀末の中国の朱載堉(しゆさいいく)や17世紀末の日本の中根元圭にも見られ,西洋でも17世紀初頭から多くの例が存在したが,それが実用化されるのは18世紀後半を待たねばならなかった。J.S.バッハの《平均律クラビア曲集》第1巻(1722)は,12平均律を実用化した最初の芸術的成果とされてきたが,今日では,この曲集さえも一種の不等分平均律によっていたとするのが定説となった。…

【5度圏】より

…純正5度(2:3,平均律5度は2:2.9966)を重ねてゆくピタゴラス音律では,異名同音はあり得ず,永遠に同じ音には回帰しないので圏をなさず〈5度螺旋〉と呼ばれる螺旋状の図になる(図2)。なお,5度圏理論は西洋ばかりでなく,中国や日本にも古くから存在し,17世紀の朱載堉,および中根元圭の十二平均律理論の以前から実践的には5度圏によるエンハーモニックの解釈が行われていたと考えられる。【土田 英三郎】。…

【長暦】より

…期間は同じであるが日月食の推算までを加え,全部を宣明暦法によって計算した。さらに中根元圭は1714年(正徳4)《皇和通暦》を刊行した。元圭は自分ではほとんど計算せずに春海のものをそのまま借用したと考えられているが,その計算された暦日を史実によって修正している点が評価され,1880年《三正綜覧》が政府により編纂(へんさん)刊行されたときは《皇和通暦》が参照された。…

【平均律】より

…たとえば中国では南北朝の宋の何承天が447年ころに12平均律を算定したとされ,また,明代の人,朱載堉(しゆさいいく)も1596年に算定している。日本でも1692年に中根元圭が算定しており,一方,アラブでは現在,24平均律が実用されている。なお,中根が《律原発揮》(1692)において算定した方法はオクターブの12乗根を開いて求めるという今日の算定法と同じものである。…

【和算】より

…日本地図作製の責任者ともなった。中国から輸入された西洋暦算書の訓点を中根元圭(1662‐1733)の協力をえて施す。あるいはオランダ船の船長と会見するなど多方面で活躍した。…

※「中根元圭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中根元圭の関連キーワード久留島義太大島喜侍梅村甘節本多利明入江東阿田中大観元禄文化井口常憲中根白山綴術算経中根彦循蜂屋定章松永良弼山路主住幸田親盈中根璋関孝和平均律桃東園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android