桃沢夢宅(読み)ももざわ むたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃沢夢宅 ももざわ-むたく

1738-1810 江戸時代中期-後期の歌人。
元文3年生まれ。信濃(しなの)(長野県)伊那郡本郷村の名主澄月(ちょうげつ)に二条派歌学をまなび,隠居後は京都で師の垂雲軒をつぐ。晩年は桂園派にうつり,郷里でおしえた。文化7年7月10日死去。73歳。名は匡衛。通称は茂兵衛。別号に啓山,振思亭。家集に「蓬牕愚藻(ほうそうぐそう)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android