コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃渓徳悟 とうけい とくご

1件 の用語解説(桃渓徳悟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃渓徳悟 とうけい-とくご

1240-1307* 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。はじめ密教をまなび,のち蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事し,その法をつぐ。宋(そう)(中国)にわたり,弘安(こうあん)2年無学祖元(むがく-そげん)とともに帰国。鎌倉の建長寺にはいった祖元を補佐。鎌倉円覚寺,武蔵(むさし)東漸寺(東京都)の住持をつとめた。嘉元(かげん)4年12月6日死去。67歳。諡号(しごう)は宏覚禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桃渓徳悟の関連キーワードEdward the Confessor赤橋久時北条時範エドワード[1世]エドワード仁治アンゴラ饗宴神曲エドワード[1世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone