コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃渓徳悟 とうけい とくご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃渓徳悟 とうけい-とくご

1240-1307* 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。はじめ密教をまなび,のち蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事し,その法をつぐ。宋(そう)(中国)にわたり,弘安(こうあん)2年無学祖元(むがく-そげん)とともに帰国。鎌倉の建長寺にはいった祖元を補佐。鎌倉円覚寺,武蔵(むさし)東漸寺(東京都)の住持をつとめた。嘉元(かげん)4年12月6日死去。67歳。諡号(しごう)は宏覚禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桃渓徳悟の関連キーワード象外禅鑑象先文岑古先印元鎌倉時代虎関師錬夢窓疎石徳悟仁治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android