桐生織(読み)キリュウオリ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桐生織[染織]
きりゅうおり

関東地方、群馬県の地域ブランド。
群馬県桐生地域に由来する製法により群馬県桐生市伊勢崎市・太田市・みどり市栃木県足利市で製造された織物(畳べり地を除く)ならびに織物の和服、織物のネクタイ。およそ1300年の歴史を有する織物。18世紀の中頃に京より高機が移入されてから産業として発展した。19世紀前半には江戸幕府の保護を受け、▼金襴緞子▲きんらんどんす▼や糸錦のような高級織物を生産するようになった。織り方には、お召織・緯錦織・経錦織・風通織・浮経織・経絣紋織・綟り織の7つの技術・技法があり、多様な織物を生産している。群馬県ふるさと伝統工芸品。1977(昭和52)年10月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2008(平成20)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5108209号。地域団体商標の権利者は、桐生織物協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桐生織の関連情報