コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹勘十郎(2代) きりたけ かんじゅうろう

1件 の用語解説(桐竹勘十郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹勘十郎(2代) きりたけ-かんじゅうろう

1920-1986 昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
大正9年1月5日生まれ。2代桐竹紋十郎の門弟。前名は桐竹紋昇。戦後師とともに三和(みつわ)会に所属し,昭和26年2代勘十郎を襲名。57年人間国宝。立役(たちやく)遣いとして荒物(あらもの)や三枚目役を得意とした。昭和61年8月14日死去。66歳。佐賀県出身。本名は宮永豊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桐竹勘十郎(2代)の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽映画理論朝鮮映画三原山変成相小作争議小協商

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone