コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹勘十郎(2代) きりたけ かんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹勘十郎(2代) きりたけ-かんじゅうろう

1920-1986 昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
大正9年1月5日生まれ。2代桐竹紋十郎の門弟。前名は桐竹紋昇。戦後師とともに三和(みつわ)会に所属し,昭和26年2代勘十郎を襲名。57年人間国宝。立役(たちやく)遣いとして荒物(あらもの)や三枚目役を得意とした。昭和61年8月14日死去。66歳。佐賀県出身。本名は宮永豊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桐竹勘十郎(2代)の関連キーワード人形浄瑠璃昭和時代人形遣いるり

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android