コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三和 さんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三和
さんわ

茨城県西端,古河市東部の旧町域。 1955年幸島村,八俣村,名崎村の3村が合体して三和 (みわ) 村となり,1969年三和 (さんわ) に改称して町制。 2005年古河市,総和町と合体して古河市となった。畑作中心の農業の町で,ハクサイ,レタスなどを産する。

三和
さんわ

広島県東部,神石高原町南部の旧町域。中国山地の一部,吉備高原南端に位置する。 1955年来見村,小畠村,高蓋村の3村が合体して町制。 1959年藤尾村の一部を編入。 2004年油木町,神石町,豊松村と合体して神石高原町となった。中央を小田川が東西に流れる。農業が中心で,コンニャクイモなどの栽培と和牛の飼育や酪農が行なわれる。近年兼業農家の労働力を背景に,撚糸や縫製などの工場が進出。福山市への通勤者も多い。

三和
さんわ

長崎県南部,長崎市南部の旧町域。長崎半島中部にある。 1955年蚊焼村,為石村,川原村の3村が合体して町制。 2005年長崎市に編入。農業が主で果樹 (ビワ,ミカン) と野菜の栽培が行なわれる。中心集落の為石は橘湾に臨む漁港で,一本釣り,小型底引網,定置網の漁業が行なわれ,クルマエビは大市場に空輸されている。住宅団地の建設が進み,長崎市の郊外住宅地の性格を強めている。大部分野母半島県立自然公園に属する。

三和
さんわ

新潟県南西部,上越市中部の旧村域。高田平野の東部にある。 1955年上杉村,美守 (ひだもり) 村,里五十公野 (さといぎみの) 村の3村が合体して三和村が発足。 2005年上越市に編入。米作を中心に,シイタケ栽培観光果樹園も行なう。開発は古く,国指定史跡の水科古墳群条里制遺構がある。

三和
みわ

京都府北西部,福知山市南東部にある旧町域。丹波山地にあり,中央部を土師川が流れる。 1955年川合村,菟原村,細見村の3村が合体して三和村となり,1956年町制。 2006年福知山市に編入。大部分は古生層の山地で,平地は少ない。米作のほか,養鶏林業が主産業。タバコ,クリ,マツタケも産する。

三和
みわ

広島県北部,三次市の南部を占め,美波羅 (みはら) 川中流域に位置する地区。旧町名。 1955年板木村と津名,上山両村の一部が合体して町制。 2004年4月三次市,甲奴吉舎三良坂の3町,および君田布野作木の3村と合併し市制。標高 500mの高原上にあり,冬季の積雪が著しい。吉備高原を開析した谷間では,米作を中心に,養鶏,肉牛乳牛の飼育が行なわれる。国道 375号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐わ【三和】

仏語。根・三つが合すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三和

正式社名「株式会社三和」。英文社名「SANWA CO., LTD.」。小売業。昭和39年(1964)設立。本社は神奈川県相模原市南区麻溝台。スーパーマーケット。神奈川・相模原市と東京・町田市を中心に店舗展開。業態は「SANWA」のほかに「フードワン」がある。

三和

正式社名「三和株式会社」。英文社名「SANWA CO., LTD.」。繊維製品製造業。昭和8年(1933)前身の「加藤商店」創業。同21年(1946)設立。本社は大阪市中央区南船場。衣料品メーカー。紳士・子供・婦人肌着、婦人服、子供・ベビー服を製造。全国の量販店・専門店などに販売。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

さんわ【三和】

〘仏〙 認識の三要素である、根・境・識が和合すること。
薬の名。三和散。 「世に医術の良薬ありて、-五積の煎湯を施し/疝気伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三和の関連キーワードiichiko BAR三和(広島県双三郡)いいちこ民陶くろびん三和ホールディングス東洋信託銀行[株]いいちこシルエット三和サインワークスいいちこスペシャルいいちこパーソン安心院葡萄酒工房三和コンピュータいいちこスーパーいいちこ日田全麹和香牡丹 秘宝三和(京都府)三和コムテックいいちこ深薫三和ストアーぼたんカップ東洋信託銀行

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三和の関連情報