コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャーマン ジャーマン German

翻訳|German

4件 の用語解説(ジャーマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジャーマン(German)

ドイツ人。ドイツ語。
多く複合語の形で用い、ドイツ風の、ドイツの、の意を表す。「ジャーマンソーセージ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャーマン

英国の映画監督ロンドン北部生れ。画家,舞台美術家として活動した後,ケン・ラッセルの《肉体の悪魔》(1972年)の美術監督として映画界に入る。《セバスチャン》で監督デビュー(1976年,共同監督)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ジャーマン【German】

「ドイツの」「ドイツ人(語・風)」の意。 「 --ポテト」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャーマン
じゃーまん
Derek Jarman
(1942―1994)

イギリスの映画監督、映像作家。ミドルセックス県ノースウッド生まれ。父親はイギリス空軍の軍人でニュージーランド生まれ、母親はイギリス植民地だったインドで生まれた。子供のころは基地内の住宅を転々とし、父親の存在は彼にとって後年まで抑圧的なものの象徴であり続けた。典型的な中産階級の子として育つものの、1960年代に入ると同性愛者としてのアイデンティティを自覚するようになった。1963年から1967年までロンドンのキングズ・カレッジでイギリス史や美術史を専攻した後、スレイド・スクールで絵画を学ぶ。1960年代末の政治的および性的な解放の気運のなか、現代アートの画家としての活動を開始する一方で、舞台美術や衣装にも関心を示し、1968年からロイヤル・バレエ団などの衣装や美術などを担当。1971年のケン・ラッセル監督作品『肉体の悪魔』における美術監督が、映画での初仕事となった。その後も、アーティストとしての活動、舞台美術や衣装の仕事などを継続させながら、自らスーパー8ミリ(1964年にイーストマン・コダック社が発表した、50フィートマガジン入りのフィルム)による撮影も開始。1975年にはサルデーニャ島でロケされた長編劇映画第一作『セバスチャン』を世に問う。全裸の聖セバスチャンが矢に射抜かれて処刑される場面をラストに置くこの作品では全編が同性愛的な意匠で覆われるが、同性愛を恥ずべきもの、隠すべきものとする負の刻印から解放することこそが目ざされている。シェークスピアの同名の戯曲を題材とした『テンペスト』(1979)から、異端のイタリア人画家を主人公とし、1986年のベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝くなどジャーマンの代表作として知られる『カラヴァッジオ』(1986)まで、過剰な映像表現に彩られたジャーマンの初期劇映画作品は、いずれも西洋の古典や歴史上の偉人に、同性愛を中心としたセクュシュアリティの文脈から再解釈を施そうとする試みである。
 一方、もともと画家としてキャリアを開始しているジャーマンは、イギリス最大の人気ロック・バンドだったスミスのビデオ・クリップ『ザ・クイーン・イズ・デッド』(1986)を監督するなどしながら、物語よりも映像の詩的表現を重視し、全面展開させる作品群をも生み出した。『エンジェリック・カンヴァセーション』(1985)や『ラスト・オブ・イングランド』(1987)がそうした系統の代表作である。とりわけ後者は、ともに軍人だった祖父や父が撮影したホーム・ムービーのフッテージ(既存フィルムの断片)も効果的に引用しながら、サッチャー政権下でかつての栄光をふたたび取り戻そうと夢見るイギリスにおいて、大英帝国の崩壊というマクロな局面と自身の父権的なものからの解放という個人史的局面を共振させる刺激的な内容になっている。
 1986年、ジャーマンにHIV感染症陽性の診断が下される。以降、彼の仕事は内省的な傾向を深めるが、その一方で、HIVに感染した事実を隠すことなく公表することで、エイズ感染の広まりをきっかけにふたたび広がりつつあった同性愛者差別に抵抗する政治的立場も鮮明にし始める。シェークスピアと並ぶ著名なイギリスの劇作家クリストファー・マーローの戯曲を時代設定などにとらわれずに自由に脚色した『エドワード』(1991)で、同性愛者である王が権力の座から追い落とされるドラマに同時代的なゲイ・バッシングの動きを重ね合わせたことがその典型で、この時期から自伝的な内容を含む『危険は承知』At Your Own Risk(1992)などの書物の出版も行うようになり、そこでも自身のセクシュアリティと芸術の関係をめぐる記述や、同性愛者差別に対する政治的な主張が繰り広げられた。
 彼が晩年を過ごしたドーバー海峡近くの小さな町ダンジネスにある自宅の庭などで撮影された映像のコラージュ『ザ・ガーデン』(1990)、同性愛者でもあった20世紀最大の哲学者を主人公とする劇映画『ヴィトゲンシュタイン』(1993)と、ジャーマンの後期作品群は初期作品にみられた過多な装飾を削ぎ落とし、禁欲的とも映る映像表現へとしだいに収斂(しゅうれん)されていき、全編青一色の画面に音楽と詩的なコメントが流れるだけの最後の作品『BLUE』(1993)へと到達していった。[北小路隆志]

資料 監督作品一覧

セバスチャン Sebastiane(1975)
ジュビリー 聖なる年 Jubilee(1978)
スロウン・スクエア Sloane Square : A Room of One's Own(1978)
テンペスト The Tempest(1979)
ブロークン・イングリッシュ Broken English(1979)
イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・サン In the Shadow of the Sun(1980)
TG サイキック・ラリー・イン・ヘブン T.G. : Psychic Rally in Heaven(1981)
パイレイト・テープ Pirate Tape(1983)
ドリーム・マシン Dream Machine(1984)
エンジェリック・カンヴァセーション The Angelic Conversation(1985)
カラヴァッジオ Caravaggio(1986)
アリア~「ルイーズ」 Aria - Depuis le jour(1987)
ラスト・オブ・イングランド The Last of England(1987)
ウォー・レクイエム War Requiem(1989)
ザ・ガーデン The Garden(1990)
エドワード  Edward (1991)
ヴィトゲンシュタイン Wittgenstein(1993)
BLUE ブルー Blue(1993)
グリッターバグ デレク・ジャーマン1970―1986 Glitterbug(1994)
『北折智子訳『ラスト・オブ・イングランド』(1990・フィルムアート社) ▽大塚隆史訳『危険は承知――デレク・ジャーマンの遺言』(1995・アップリンク)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャーマンの関連キーワード映画監督ビゴワイダ中島貞夫ローグロンドンアイロンドン大火記念塔ロンドンタイムズロング・グッドバイロンドン・マッチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャーマンの関連情報