コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原俊郎 くわばら・としろう

1件 の用語解説(桑原俊郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

桑原俊郎

没年:明治39.3.9(1906)
生年:明治6.4.20(1873)
明治期の宗教家,霊術家。岐阜県加茂郡和知村に,桑原徳右衛門とれいの長男として生まれる。天然と号す。明治32(1899)年,東京高等師範学校国漢専修科を卒業し,静岡師範学校の漢文教師となる。当時ブームであった催眠術に関心を持ち,実験・研究に専念した。同36年,静岡師範学校を辞し,上京して,東京麻布中学校に移るとともに,精神研究会を設立した。催眠術とは心理作用ではなく,霊魂作用であるとして,催眠術を単なる見世物から治療術・精神療法へと転換させ,治病力のみならず,霊能力の開発をめざす霊魂研究へと進み,精神哲学を提唱した。若くして死去したが,多くの弟子を残し,弟子によって『精神霊動奥義』が編集された。<著作>『精神霊動』<参考文献>井村宏次『霊術家の饗宴』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桑原俊郎の関連キーワード真溪涙骨加茂紙宗教家心霊術美濃加茂足助重氏今岡信一良佐藤信則高木政勝中野与之助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone