コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原城 くわばらじょう

1件 の用語解説(桑原城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

くわばらじょう【桑原城】

長野県諏訪市にあった山城(やまじろ)。諏訪惣領家の居城であった上原城(茅野市)の支城。標高981m、比高約190mの山の頂から尾根にかけて築かれていた城である。築城年代や築城者は不明。甲斐の武田晴信(のちの武田信玄)は1542年(天文11)、諏訪に侵攻して、諏訪頼重の本拠の上原城を攻めた。頼重は、この攻勢に上原城を支えきれず桑原城に逃れたが、多くの家臣が逃亡したこともあり、間もなく晴信に降伏した。これにより、桑原城は上原城とともに武田氏に接収された。降伏した頼重は弟の大祝諏訪頼高らとともに甲斐府中に連行され、頼高とともに東光寺で自刃させられて諏訪氏は滅亡した。城跡には現在、本丸跡、二の丸跡、土塁、空堀などの遺構が残っている。また本丸のある山頂からは諏訪盆地諏訪湖が一望できる。JR中央本線諏訪駅から徒歩約60分。◇高鳥屋城、水晶城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桑原城の関連キーワード上諏訪温泉諏訪市朝鮮式山城平山城亀山城松山城下諏訪諏訪諏訪湖マラソン国興

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone