コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原真清 くわばら まきよ

1件 の用語解説(桑原真清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原真清 くわばら-まきよ

1821-1903 幕末-明治時代の神職。
文政4年3月20日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)参野(さんじの)村の津毛利(つもり)神社の神主。慶応4年賀茂水穂,大久保春野らと報国隊を結成し,新政府軍の東征をたすける。維新後は招魂社(靖国神社)の社司などをつとめた。明治36年2月5日死去。83歳。字(あざな)は美須賀。通称は虎次郎。著作に「報国隊顛末(てんまつ)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑原真清の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術プラット修正ロシア映画教養小説巴奈馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone