コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原真清 くわばら まきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原真清 くわばら-まきよ

1821-1903 幕末-明治時代の神職。
文政4年3月20日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)参野(さんじの)村の津毛利(つもり)神社の神主。慶応4年賀茂水穂,大久保春野らと報国隊を結成し,新政府軍の東征をたすける。維新後は招魂社(靖国神社)の社司などをつとめた。明治36年2月5日死去。83歳。字(あざな)は美須賀。通称は虎次郎。著作に「報国隊顛末(てんまつ)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑原真清の関連キーワード桑原楯雄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android