コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招魂社 しょうこんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

招魂社
しょうこんしゃ

幕末,明治維新の激動期に死んだ多数の犠牲者を慰霊する意味で明治新政府が設立した神社。初め明治1 (1868) 年京都東山に設けられ,次いで東京招魂社が同5年東京九段上に建てられて各地から合祀され,1879年靖国神社改称され,別格官幣社としてその後の内乱外征の戦死者に対する国家的合祀社となった。同名の神社がその後各地にでき,1939年護国神社に改称されたが,第2次世界大戦後は単立宗教法人となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうこん‐しゃ〔セウコン‐〕【招魂社】

明治維新前後から国家のために殉難した人の霊を祭る神社。各地に建てられ、昭和14年(1939)護国神社と改称した。→護国神社靖国神社

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

招魂社【しょうこんしゃ】

元来,幕末〜明治維新の戦乱で死者を多く出した各藩が設けた招魂場に由来。1875年政府は招魂社の祭儀を官祭とし,1876年各地の招魂社にまつられている霊と未祀霊を東京招魂社(靖国神社)に合祀することとした。
→関連項目大村益次郎護国神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこんしゃ【招魂社】

靖国神社および護国神社の旧称。1862年(文久2)福羽美静(ふくばびせい)(1831‐1907)らが討幕運動で非命の最期をとげた尊皇の志士を京都東山の霊山(りようぜん)にまつり,63年八坂神社境内に小祠を建立したのが最初である。討幕諸藩でも招魂慰霊がなされ,長州藩では64年(元治1)に藩主により山口市赤妻に設置され,慶応年間十数ヵ所に増加した。68年(明治1)5月太政官布告で霊山にペリー来航の〈嘉永癸丑〉(1853)以来の〈国事殉難者〉の招魂場を設置してより,諸藩でも〈旌忠社(せいちゆうしや)〉等の名称でそれぞれに設置。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこんしゃ【招魂社】

明治維新前後およびそれ以後、国家のために殉難した者の霊魂を奉祀した各地の神社。東京招魂社は1879年(明治12)靖国神社と改称。地方の招魂社は1939年(昭和14)護国神社と改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

招魂社
しょうこんしゃ

明治維新前後から国家のために殉難した人の霊を祀(まつ)る神社。当初は招魂場とよばれて各地に祀られていたが、1875年(明治8)招魂社の制が定められ、東京招魂社(後の靖国(やすくに)神社)を中心に整備されていった。1939年(昭和14)護国(ごこく)神社と改称。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の招魂社の言及

【靖国神社】より

…東京都千代田区九段坂上に鎮座。1879年6月4日に東京招魂社を抜本的に改革,靖国神社と改称,別格官幣社に列せられた。嘉永癸丑(1853)以来の国事殉難者,戊辰戦争の戦没者に加え,西南戦争の戦死者をはじめ,以後日本の対外戦争における戦死者を〈靖国の神〉となして国家がまつったもの。…

※「招魂社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

招魂社の関連キーワード閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会報告書(中曽根内閣による要請に基づく)競馬(けいば)青森県護国神社山崎豊(2)大久保 春野一松斎素翁悠久山公園大久保春野平木 政次別格官幣社島鵆月白浪山崎一郎桑原楯雄幡鎌幸雄杉浦大学桑原真清靖国問題植田有年見世物招魂祭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招魂社の関連情報