コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山一晴 くわやま かずはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山一晴 くわやま-かずはる

1575-1604 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)3年生まれ。はじめ豊臣秀吉につかえる。慶長5年の関ケ原の戦いでは,祖父重晴,叔父元晴とともに徳川方につく。同年重晴の紀伊(きい)和歌山の知行のうち2万石をつぐ。6年移封され,大和(奈良県)布施藩主桑山家初代となった。慶長9年2月28日死去。30歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は小藤太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑山一晴の関連キーワード葛城(市)