コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山元晴 くわやま もとはる

2件 の用語解説(桑山元晴の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桑山元晴

安土桃山・江戸初期の武将。徳川家康の家臣。重晴の二男。初め秀吉に仕え、文禄・慶長の役に従うが、関ヶ原の戦で父とともに家康に属して大和国葛上郡で2000石を与えられた。慶長19年大阪の陣に従軍し功を上げた。元和6年(1620)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山元晴 くわやま-もとはる

1563-1620 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)6年生まれ。桑山重晴の次男。羽柴秀長の没後,豊臣秀吉につかえる。関ケ原の戦いで,父とともに徳川家康に味方して功をたて,慶長5年大和(奈良県)御所(ごせ)藩主桑山家初代(1万石)となる。父の没後は生前の養老料などをあわせ2万6000石余を領し,大坂の陣にも従軍した。元和(げんな)6年7月20日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桑山元晴の関連キーワード英松狩野宗心順専正玄正山随波雪林等木寿命(2)村上吉清

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone