コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山元晴 くわやま もとはる

美術人名辞典の解説

桑山元晴

安土桃山・江戸初期の武将。徳川家康家臣。重晴の二男。初め秀吉に仕え、文禄慶長の役に従うが、関ヶ原の戦で父とともに家康に属して大和国葛上郡で2000石を与えられた。慶長19年大阪の陣に従軍し功を上げた。元和6年(1620)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山元晴 くわやま-もとはる

1563-1620 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)6年生まれ。桑山重晴の次男。羽柴秀長没後,豊臣秀吉につかえる。関ケ原の戦いで,父とともに徳川家康に味方して功をたて,慶長5年大和(奈良県)御所(ごせ)藩主桑山家初代(1万石)となる。父の没後は生前の養老料などをあわせ2万6000石余を領し,大坂の陣にも従軍した。元和(げんな)6年7月20日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑山元晴の関連キーワード桑山貞晴(1)桑山清晴永禄

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android