コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑島光品 くわじま こうひん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑島光品 くわじま-こうひん

1840-1911 幕末-明治時代の刀剣鑑定家,易学者。
天保(てんぽう)11年生まれ。本阿弥家の養子となり,慶応3年明治天皇即位に際し,三種の神器のひとつである剣を研磨。明治18年吉川尹哲(いんてつ)に入門,易の一種である淘宮(とうきゅう)術をまなぶ。28年皆伝をゆるされて独立した。明治44年4月9日死去。72歳。本姓木戸

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑島光品の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android