コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓玄 かんげん Huán Xuán

1件 の用語解説(桓玄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんげん【桓玄 Huán Xuán】

369‐404
中国,東末の政治家。譙国(しようこく)竜亢(りゆうこう)(安徽省)の人。書家としても有名な教養人。桓温の庶子で,その地盤であった長江(揚子江)中流域に雌伏していたが,政局の混乱に乗じて399年(隆安3)にその地の軍事・政治の全権を握り,402年(元興1)には軍を率いて首都建康(南京)を制圧。403年,安帝に位を譲らせて国号を楚と改め,東晋を滅ぼした。翌年,劉裕らの軍に敗れ,桓氏は滅ぼされて安帝が復位したが,名目だけで,実権は劉裕に握られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の桓玄の言及

【紙】より

…こうした紙の流行にもかかわらず,晋の時代にはまだ簡牘(かんとく)の使用が続いた。東晋末に安帝を廃して楚国を建てた桓玄(かんげん)は,公式の文書に簡牘を使用することをやめ,〈黄紙〉を採用することを命令した。黄紙は虫害を避けるため,紙の黄蘗(キハダ)で染めたものである。…

【晋】より

…4世紀末の政権を担当した司馬道子・司馬元顕父子に対して,その政治の乱脈の改革を強硬に迫った王恭は北府軍団長であった。王恭は敗死したが(398),政府の乱脈の機をとらえて蜂起した道教徒の民衆反乱,すなわち孫恩の乱(孫恩・盧循の乱)を平定したのも,また桓玄を駆逐したのも北府軍団の力であった。桓玄は桓温の子。…

※「桓玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桓玄の関連キーワード王導謝安車胤政治家曾国藩張之洞杜佑山濤職業政治家NCPAC

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone