コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓温 かんおんHuan Wen; Huan Wên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桓温
かんおん
Huan Wen; Huan Wên

[生]建興1(313)
[没]寧康2(374)
中国,東晋 (→) の政治家,武将。しょう国 (安徽省) の人。字は元子は宣武。 庾翼の跡を継いで,永和1 (345) 年当時,東晋第1の大鎮であった荊州刺史となった。蜀のを滅ぼし,前秦の軍を破り,さらに前燕を討った。桓温の中原出兵の目的はその成功によって朝廷内の反対勢力を押え,受禅を達成するにあった。しかし前を討ったとき枋頭 (ほうとう河南省) で敗れたため威名も衰え,野望を達成しないままで死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんおん【桓温 Huán Wēn】

312‐373
中国,東時代の将軍,政治家。譙国竜亢(しようこくりゆうこう)(安徽省)の人。長江(揚子江)中流域の長官として346‐347年(永和2‐3)に四川省成漢国を討滅し,さらに後趙(ごちよう)滅亡期の大混乱に乗じて北伐を行う。354年,一時は長安近辺まで進出し,356年には洛陽の奪回に成功した。この武勲を背景にして東晋の実権を握ったが,365年(興寧3),再び洛陽を前燕に奪われ,369年(太和4)の北伐にも敗れてからは,名声も落ちて帝位簒奪(さんだつ)の野望もついに実現できずに終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんおん【桓温】

313~374) 東晋の武将・政治家。字あざなは元子。成漢を滅ぼし征西大将軍・臨賀郡公となる。朝政を専断したが、北伐を敢行し前燕に敗れて失墜。簡文帝をたて、その死後自立をはかったが失敗し病死した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桓温の言及

【晋】より

…そして東晋の政局は,北府と西府の動向を軸として展開された。 たとえば西府をバックとする軍閥の桓温(かんおん)は,蜀の成漢国を滅した(347)のを手始めに,再三にわたる北伐を敢行し,356年(永和12)にはごく一時的ではあるが旧都洛陽の奪還に成功,かかる武功によってにらみをきかせ,禅譲革命をもくろんだ。そのもくろみを失敗に終わらせたのは,宰相謝安の手腕によるところが大であったが,謝安時代にはまた江南の征服をめざして進攻した前秦の苻堅の大軍を淝水の戦で破り(383),難局を切り抜けることを得た。…

※「桓温」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桓温の関連キーワード晋(中国の王朝)常山の蛇勢倚馬七紙顧愷之慕容垂陶潜車胤後蜀朝政謝安苻健桓玄断腸王猛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android