コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井祐一 さくらい ゆういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井祐一 さくらい-ゆういち

1914-1981 昭和時代の彫刻家。
大正3年8月24日生まれ。平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)に師事。昭和9年「乞ふ人」が院展に初入選。戦後日本美術院賞の受賞をかさね,30年日本美術院同人。彫刻家集団S・A・S結成をへて,38年国画会会員。具象派の代表的作家のひとり。昭和56年11月4日死去。67歳。山形県出身。作品はほかに「レダ」「ネグリジェの女」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井祐一の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータイタリア映画銀行法座散乱木遺跡ロッキード事件愛染かつら北九州(市)鳥取(県)プーク早稲田文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone