コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井祐一 さくらい ゆういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井祐一 さくらい-ゆういち

1914-1981 昭和時代の彫刻家。
大正3年8月24日生まれ。平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)に師事。昭和9年「乞ふ人」が院展に初入選。戦後日本美術院賞の受賞をかさね,30年日本美術院同人。彫刻家集団S・A・S結成をへて,38年国画会会員。具象派の代表的作家のひとり。昭和56年11月4日死去。67歳。山形県出身。作品はほかに「レダ」「ネグリジェの女」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井祐一の関連キーワード山形美術館鈴木 実昭和時代新海竹蔵鈴木実

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android