コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エツリ

デジタル大辞泉の解説

えつり【桟】

茅(かや)・わらなどで葺(ふ)く屋根の下地として、垂木(たるき)の上に並べ敷いた細い竹やアシなど。瓦(かわら)葺きなどの屋根下地にもいう。
壁の下地に組んだり、土蔵の柱の外側に渡した板に取りつけたりする木舞(こまい)。
茶室などで、木と竹とを交互に並べた化粧垂木(けしょうだるき)。桟竹(えつりだけ)。

さん【桟】

戸・障子などの骨組み。
板が反るのを防ぐために、打ちつけたり差し込んだりする横木。
土台や梯子(はしご)などに渡す横木。
猿(さる)3」に同じ。「を下ろす」

さん【桟〔棧〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]サン(漢) [訓]かけはし
険しいがけなどに、架け渡した橋。かけはし。「桟道
[難読]桟敷(さじき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えつり【桟】

かや葺き・わら葺き屋根や土蔵の壁の下地材。ヨシや細い竹・板を縄で簀のように編んだもの。
「えつりだけ」の略。

さん【桟】

戸や障子の骨。
雨戸の猿。 →
ふたなどが反るのを防ぐため裏に打ち付ける細い横木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さん

戸や板などの板面の片側だけに出ている細長い木のことで、表裏両面に現れているものを框(かまち)とよび区別する。本来は盾(たて)や板、蓋(ふた)などの裏面に打ち付け、板の反るのを防ぐために用いた。現在では障子の骨および戸障子の框の間に組み入れる細長い材をも桟とよぶ。上桟、中桟、下桟、腰桟、胴桟、肘持(ひじもち)桟、襷(たすき)桟、繁(しげ)桟、吸付き桟などがある。また、縦方向のものは縦桟、横方向のものは横桟と称する。このほか、戸締り装置の一種で、戸の框や桟に取り付けてある細長い木片(猿(さる)という)や、和船の舵(かじ)の矧板(はぎいた)と身木を両面から挟み込んで強固に結合するとともに、矧板を補強する材を意味することもある。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

桟の関連キーワード切り込み桟瓦・切込み桟瓦吸い付き桟・吸付き桟木曽桟道・木曾桟道込み桟・繁桟・込桟京桟織り・京桟織吸い付き・吸付きピクチャーレール引っ掛け桟瓦竪桟・縦桟吸付き桟木曽桟道屋根下地吸付き蟻一文字瓦桟唐草瓦隠し窓吸付き板唐戸筬欄間京桟織

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桟の関連情報