梅屋平吉(初代)(読み)うめや へいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅屋平吉(初代) うめや-へいきち

?-? 江戸時代中期の歌舞伎囃子(はやし)方。
梅屋派の祖。明和7年(1770)江戸森田座の囃子番付に小鼓方として名がみえる。安永元年まで同座で活躍した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android