コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅沢純夫 うめざわ すみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅沢純夫 うめざわ-すみお

1909-2000 昭和-平成時代の有機化学者。
明治42年11月22日生まれ。梅沢浜夫の兄。北大助教授などをへて昭和19年慶大教授となる。49年生物有機化学研究所長。19年弟の浜夫とともにペニシリンを抽出。さらにカナマイシン,ストレプトマイシンなどのアミノ配糖体抗生物質の合成に成功した。55年学士院賞。日本化学会会長。平成12年3月30日死去。90歳。東京出身。北海道帝大卒。著作に「実験有機化学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梅沢純夫の言及

【抗生物質】より

…今までに見つけられているものは,毒性が強く,主として外用で用いられる。ナイスタチン(1947),トリコマイシン(細谷省吾発見,1952),アンフォテリシンB(1955),ピマリシン(1955),ペンタマイシン(梅沢純夫発見,1958)などは,化学構造からポリエンマクロライド抗生物質と呼ばれる。これらは白癬菌,カンジダなどに作用するが,経口で吸収されず,注射では毒性が強い。…

※「梅沢純夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅沢純夫の関連キーワード梅沢博臣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android