コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅津川 ウメヅガワ

デジタル大辞泉の解説

うめづ‐がわ〔‐がは〕【梅津川】

京都市右京区梅津近辺での桂川の称。[歌枕]
「名のみして生(な)れるも見えず―井堰(ゐせき)の水ももればなりけり」〈拾遺・雑下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うめづがわ【梅津川】

京都市右京区梅津付近での桂川の部分名。むめづがわ。⦅歌枕⦆ 「名のみしてなれるも見えず-ゐせきの水ももればなりけり/拾遺 雑下」 〔多く梅の縁語「春」「実(身)」「生る(成る)」などが詠み込まれた〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梅津川の関連キーワード安井道頓井堰縁語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android