コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅窓院 ばいそういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅窓院 ばいそういん

1472-1525 戦国時代の女性。
文明4年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)伊作(いざく)領主伊作家の島津善久と結婚。夫の死後,子の忠良(ただよし)を後嗣とする条件で田布施(たぶせ)領主相州家の島津運久(ゆきひさ)と再婚。忠良が伊作・相州両家をつぎ,のち孫の貴久(たかひさ)が島津宗家15代となった。大永(たいえい)5年死去。54歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。名は常磐(ときわ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梅窓院の関連キーワード竹内玄同(たけうちげんどう)岡部四溟戦国時代六阿弥陀

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅窓院の関連情報