コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若実(2世) うめわかみのる[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若実(2世)
うめわかみのる[にせい]

[生]1878
[没]1959
能楽師。観世流シテ方。1世梅若実の次男,前名竹世,景昭,実邦。一度六郎を継いだ姉婿観世清之が実家に帰ったあと,六郎を継ぎ当主となる。長兄万三郎 (1世) とともに観世宗家から離脱して,一時梅若流を樹立,最後まで孤塁を守ったが,1948年隠居後,実を名のり,54年観世流に復帰した。日本芸術院会員。優艶華麗の芸風持主であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

梅若実(2世)の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android