姉婿(読み)しせい

精選版 日本国語大辞典「姉婿」の解説

し‐せい【姉婿】

。あねむこ。
の半生涯(1904)〈福田英子〉一「妾の姉婿(シセイ)某が県会議員常置委員たりしに頼(よ)りて」 〔魏書‐叱列延慶伝〕

あね‐むこ【姉婿】

〘名〙 姉の夫。
※古活字本毛詩抄(17C前)三「譚公はあねむこか妹むこかであるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android