コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若流 うめわかりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅若流
うめわかりゅう

能楽の一派。丹波猿楽梅若座に出る旧家で,江戸時代以降は観世流に属す。明治維新により,宗家の清孝が将軍とともに静岡に移住したとき,1世梅若実は東京にとどまり,芸道に精進し,風呂敷を掲げ幕代りに用いる辛苦を重ね,流儀を支えて一大勢力を占めたが,免状問題から宗家と争いを生じ,実の没後,1921年破門されて,梅若万三郎 (1世) ,六郎 (2世) ,観世銕之丞 (華雪) を擁して独立し,梅若流を称した。のち六郎を残して観世流に復帰,六郎一家が孤塁を守った。第2次世界大戦中は内務省の斡旋で,観世流梅若派として認められたが,戦後再度紛糾し,一時は上演不能となった。 54年に観世流に復帰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の梅若流の言及

【梅若万三郎】より

…故あって分家梅若吉之丞家を継承。1921年,弟の六郎(のちの2世梅若実)と妹婿の観世銕之丞(てつのじよう)(のちの観世華雪)とともに梅若流を樹立し,3年間宗家の任にあったが,33年1月観世流に復帰した。明治の三名人初代梅若実,宝生九郎,桜間伴馬なきあとは,喜多六平太,宝生新とともに能楽界の第一人者として尊敬を集めた。…

【観世流】より

…梅若は既得権益として離さず,種々の調停も不調に終わり,1920年梅若一門は観世流から除名された。その結果,能界の旧習によって三役(ワキ方・狂言方・囃子方)の共演を得られなくなった梅若側は,独自に三役を集め,六郎は実兄の梅若万三郎(分家を相続),義弟の観世銕之丞(観世華雪)とともに翌21年新流の梅若流を樹立した。梅若流の初世家元には万三郎が就任したが,7年後に辞任,本家の六郎が家元となり,1948年六郎の隠居とともにその長男の六郎が3世を継いだ。…

※「梅若流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅若流の関連キーワード梅若 万三郎(1代目)梅若 六郎(55代目)梅若 万三郎(初代)梅若万三郎(1世)梅若 実(2代目)梅若万三郎(初代)大倉 七左衛門宣利梅若実(2代)梅若実(2世)梅若六郎(2)鹿島 清兵衛鹿島清兵衛梅若六郎観世華雪

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅若流の関連情報