コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世清之 かんぜ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世清之 かんぜ-きよし

1849-1909 明治時代の能楽師シテ方。
嘉永(かえい)2年10月22日生まれ。4代観世銕之丞(てつのじょう)の次男。宗家22代観世清孝と父にまなぶ。初代梅若実の養子となって六郎と称し,養父をたすけて能楽界のためにつくす。明治28年梅若家をさり,宗家の許しをえて清之と改名。銕之丞家の分家(のちの観世喜之(よしゆき)家)をたて,宗家23代観世清廉(きよかど)を補佐した。明治42年6月17日死去。61歳。江戸出身。通称は源次郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世清之の関連キーワード観世 喜之(1代目)観世 喜之(2代目)観世 喜之(初代)観世喜之(初代)梅若実(2世)観世 清之観世 紅雪丸岡桂

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android