コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梔子色 くちなしいろ

色名がわかる辞典の解説

くちなしいろ【梔子色】

色名の一つ。支子色とも書く。アカネ科クチナシの実で染めた、少しみのある黄色。赤みの濃淡にはやや幅がある。平安時代には黄支子きくちなしと呼ばれた伝統色名。『延喜式えんぎしき』に記述があるほか、『古今和歌集』などにも詠まれている。かさね色目いろめの名でもあり、表と裏の両方が黄色。クチナシの実は山梔子さんししともいい、食品などの着色料、消炎、解熱などに効く生薬しょうやくとしても用いられる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くちなしいろ【梔子色】

クチナシの果実で染めた、赤みを帯びた濃い黄色。くちなし。
かさねの色目の名。表裏とも黄色のもの。くちなし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梔子色の関連キーワード梔子染め・梔子染梔子・山梔子梔子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android